アパレル業界に関する資格

アパレル業界へ転職をする際に有利になる資格とは?

現在、アパレル業界への転職をお考えの方の中には何か資格を持っていた方が転職が有利になるとお考えの方もいるのではないでしょうか。

アパレル業界に限らず、どの職種へ転職するにもその職種に関連した資格を取得していれば転職は有利になります。

特にアパレル未経験の方は実務経験がないという事でただでさえ転職が不利になってしまいます。

ですので、少しでも有利に転職活動を行なおうと資格を取得してから転職活動を行なう方も多くいるようです。

自分のスキルを証明する事ができる資格は転職をする際に大きく役に立ってくれます。

ではアパレル業界へ転職をする際に有利になる資格にはどんな資格があるのでしょうか?

ここではアパレル業界へ転職する際に有利になる資格をご紹介しています。

現在、アパレル業界への転職をお考えの方に参考にして頂きたいと思います。

販売士

まず、代表的な資格のひとつに『販売士』の資格があります。

この販売士の資格はアパレル業界だけではなく接客業をしている方から人気のある資格になります。

販売士の資格を取得している事で、接客の知識や接客マナーがある事を証明する事ができます。

ファッション販売能力検定

アパレル業界へ転職をする際に大きく役に立ってくれる資格が『ファッション販売能力検定』です。

このファッション販売能力検定を取得する事でアパレル業界で商品を販売する際に必要になる知識や技術を身に付ける事ができます。

階級は3級〜1級に分かれており、1級では販売の知識や技術以外にも店舗運営に関する知識を取得する事ができます。

ファッション販売能力検定を取得しているとアパレル業界での転職は有利に行う事ができるでしょう。

アパレル業界の販売スタッフへ転職をする際には上記でご紹介した『販売士』や『ファッション販売能力検定』といった資格を取得する事をおすすめします。

資格を取得して転職を成功させる

また、アパレル業界に関する資格はこれら以外の資格もあります。

・ファッション販売能力検定
・ファッションコーディネート色彩能力検定

上記の2つの資格は販売というよりも服を製造する際に必要になってくるデザインや色彩の知識や技術を証明する事ができる資格になります。

販売とは直接関係がないようにも思えますが、お客様のコーディネートをする際に必要になるスキルを取得する事ができるので取得していて損はない資格になります。

上記でご紹介してきた資格がアパレル業界に関する資格になります。

資格を取得する事で様々な知識やスキルを身に付ける事ができるのでどんな資格でも持っていて損をする事はありません。

少しでもアパレル業界で役に立つ資格がある場合は積極的に取得する事をおすすめします。

そして、アパレル業界へ転職をする際には、その資格をしっかりアピールするようにしましょう。

そうする事で転職活動を有利に行う事ができ成功させる可能性も広げる事ができます。