履歴書を作成する際のポイント

採用担当者に興味を持ってもらう

アパレル業界への転職を成功させるためにも履歴書は重要なものになります。

求人に応募する際、まず初めに書類選考が行われる事が多いです。

この書類選考時に採用担当者に興味を持ってもらわなければ書類選考を突破できる可能性は低くなってしまいます。

自分の事をしっかりアピールして採用担当者に興味をもってもらえるような履歴書を作成しましょう。

ここではアパレル業界へ転職をする際に重要になる履歴書を作成する際のポイントをご紹介しています。

自分の事をしっかりアピールする

まず、アパレル業界への転職を目指す際の履歴書で大切になる事は次の事になります。

・採用担当者に興味を持ってもらう
・採用担当者に好印象を与える
・自分の事をしっかりアピールする
・ショップで活かせる自分のスキルをアピール
・このショップで働きたいという理由を明確にする

以上の5つになります。

履歴書で自分の事をアピールする事は必須になります。

ただ過去の職歴や学歴、志望動機を書いただけの履歴書では自分の事はアピールできません。

採用担当者にもどのようなスキルを持っているのか、どのような人間なのかという事を伝える事ができないので書類選考を突破できる可能性は極めて低くくなります。

書類選考を突破するためにも自分がどんな人間なのか、どんなスキルを持っているのか、自分のスキルをアパレル業界でどう活かすのか、という事をしっかり採用担当者に伝えるようにしましょう。

履歴書だけでは書ききれない場合は、別に職務経歴書を作成して職務経歴書でしっかり自己アピールする事にしましょう。

志望動機は具体的に明確に!

また、志望動機は採用の判断材料になるのでしっかりとした志望動機を作成しなければなりません。

ただ洋服が好きだから、アパレル業界に興味があるから、といった抽象的な志望動機では採用担当者に弊社で働きたいという意欲を伝える事ができないので、具体的になぜこのショップで働きたいのかという事を明確にしましょう。

ここで採用担当者に納得してもらえる志望動機を作成する事ができれば採用担当者に興味をもってもらえますし、好印象を与える事ができます。

現在、アパレル業界への転職をお考えの方は面接へ進むためにも上記でご紹介してきた事を参考にして履歴書を作成してもらいたいと思います。