転職成功のカギを握る志望動機

志望動機を採用の判断材料にしている企業もある

アパレル業界への転職を成功させるためにも志望動機はとても重要になります。

志望動機を採用の判断材料にしている企業も多くあると聞きます。

採用をもらえる可能性を高くするためにも志望動機は慎重に作成する必要があります。

ここではアパレル業界へ転職する際に重要になる志望動機を作成するポイントをご紹介しています。

現在、アパレル業界への転職を目指している方に参考にして頂きたいと思います。

企業側にメリットになる事を考える

まずは自分がアパレル業界やその企業で何ができるのか、どう貢献していくのかという事を企業側にしっかり伝えましょう。

採用をする企業側も自社にとって何かメリットがある人材を採用する傾向にあります。

自分が身に付けているスキルをどう活かしていくのか、どのような場面で活かす事ができるのか、を明確にしましょう。

過去の職歴や学歴、生活の中で身に付けてきたスキルはなにか、自分が得意とするものはなにか、自分の長所、などを自己分析をして探し、アパレル業界やその企業で活かせるものがあれば積極的にアピールしていきましょう。

抽象的ではなく具体的に志望動機を作成する

志望動機を作成する際には文章を具体的に書かないと相手に自分の事をしっかり伝える事ができなくなります。

例えば、ただ服に興味がある。貴社のブランドが昔から好き。というような抽象的な志望動機ですと、企業側には本当に自社で働きたいのか?他のアパレルショップでもいいのでは?という疑問を持たれてしまいます。

そうならないためにもそのアパレル業界のどんな所に興味があるのか、どうしてその企業で働きたいのかを具体的に伝えましょう。

この時にポイントになる事は企業研究をしっかり行う事です。

インターネットや雑誌などでその企業に関する事を徹底的に調べましょう。

どのような方針なのか、どのような洋服を扱っているのか、どのようなスタッフが働いているのか、店舗の数は、などの事を把握する事ができます。

志望動機を作成する際には企業研究をした事をもとに企業の事も織り交ぜて作成すると企業側にも好印象を与える事ができます。

企業で自分がしたい事なども付け加えると仕事に対する意欲もしっかり伝える事ができるので採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

志望動機では自分がその企業でなにができるのか、その企業でやりたい事は、将来的にはどうなりたいのか、などの事を明確して具体的に作成する事を心がけて作成するようにしましょう。