志望動機と自己PRは採用を左右するものになる

アパレル業界の面接では服装にも気を付ける

面接を受ける際、どの職種でもそうですが、志望動機と自己PRは必ず質問される内容ですのでしっかり準備をしときましょう。

この志望動機と自己PRは採用するか、しないかを大きく左右するものにもあるので企業側が納得できる内容の志望動機・自己PRを考えるようにしましょう。

志望動機・自己PR共にそのショップに関連した事と結ぶ付けて作成すると企業側にも好印象を与える事ができます。

自分のスキルや長所をショップでどう活かすのかを明確にする事とそのショップでなにがしたいのか?どんな事を学びたいのか?を明確にすることがポイントになってきます。

アパレル業界の志望動機の作成については『アパレル業界の志望動機を作成するポイント』でご紹介しているのでそちらを参考にして頂きたいと思います。

他にもアパレル業界の面接で大切になる事は服装です。

面接の際の一般的な服装ですとスーツである事が挙げられますが、アパレル業界の場合、その人の洋服のセンスを見るために私服を指定される事があります。

私服の場合はそのショップに合った洋服を選択するようにしましょう。

そのショップの服がある場合は、その服を着て行った方が企業に好印象を与える事ができます。

面接では第一印象が重要

また、清潔感を意識する事も大切になってきます。

面接では第一印象が重要になります。

面接官にあたえる第一印象が悪ければ採用をもらえる可能性も低くなる傾向にあります。

面接官に良い第一印象を与えるためにも清潔感のある身だしなみは非常に大切になってくる事です。

話し方・振る舞いかもアパレル業界では重視される事になります。

アパレル業界は接客業になるのでお客様とうまくコミュニケーションが取れるかがポイントになります。

相手を不快にさせない話し方・振る舞いかを心がける事も大切です。

相手の目をしっかり見て、ハキハキと元気よく話し、笑顔も忘れずに面接官の質問に答えていくといいでしょう。

質問の答えに詰まった時も慌てずに自分の思っている事を素直に話しましょう。

アパレル業界では過去の職歴や学歴よりもその人の内面的な事が重視される職種だと聞きます。

先ほど述べたコミュニケーション能力や話し方・振る舞い方など接客業に必要なスキルがあるという事をアピールする事ができれば面接官に好印象を与える事ができ、採用をもらえる可能性も高くする事ができるでしょう。