アパレル業界へ転職をする際に必要にスキル

職種によって求められるスキルは異なる

ここではアパレル業界へ転職をする時に求められるスキルについてご紹介しています。

アパレル業界では様々な職種の方が活躍しています。

職種によって仕事内容・役割も様々で求められるスキルも大きく異なります。

現在、アパレル業界へ転職をお考えの方はアパレル業界のどの職種へ転職をしたいのかをしっかり明確にし、その職種に必要になるスキルを把握する必要があります。

ファッションアドバイザー

ファッションアドバイザーとは商品を販売する事が仕事内容・役割になります。
アパレル業界での花形ともいえる職種になります。
ただ商品を売ればいいという訳ではなく、お客様の要求に合わせた商品提案(コーディネート)をする事が求められてきます。
その時の流行などにも常に敏感になっている事も必要になります。

必要になるスキル
商品の知識やコーディネートに関する知識、技術。お客様に対してのコミュニケーション能力。

ファッションコーディネーター

ファッションコーディネーターの役割・仕事内容は商品ディスプレイを準備したり、販促などを行う事です。
ショップでの接客・販売も行い、ファッションアドバイザーと似たような職種になりますが、販売・接客以外にも新商品や販促の企画・提案を行なう事も求められてきます。
ヒット商品を創るためにマーケティングや分析なども行い、ファッションコーディネーターの仕事内容は幅が広いと言えます。

必要になるスキル
マーケテイングなどを行う分析能力、販促や商品PR、ディスプレーに関する知識・技術。接客・販売をするためコミュニケーション能力も必要。

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは商品になる服や装飾品をデザインする仕事になります。
アパレル業界の職種の中では人気のある職種になります。
常にヒット商品を創りだすアイディアやセンスが必要になります。

必要になるスキル
デザインに関する知識・技術。他にもファッションセンスやデッサン力、常に新しいものを創りだす発想力、情報収集力。

パタンナー

パタンナーはデザイナーがデザインしたものをそのままの形でパターンメーキングする事が役割・仕事内容になります。
パターンメーキングとは型紙を制作する事です。

必要になるスキル
パターンメーキングの専門的な知識・技術。平面図や立体図を制作するスキル。他にも生地や素材などの知識も必要になります。