アパレル業界には様々な職種がある

職種によっては必要になるスキルも変わってくる

アパレル業界で活躍している方は販売スタッフだけではありません。

洋服のデザインをしている方、海外から買い付けをしている方、販売販促や企画を提案している方などアパレル業界では多くの方がそれぞれで重要な役割を担っており、様々な職種があります。

ここではアパレル業界の職種をご紹介しています。

目指す職種によっては必要になるスキルも変わってくるので転職活動や求人探しの方法も変わってきます。

商品を開発・制作している職種

先ほども述べましたがアパレル業界では様々な人達が色々な仕事に携わっています。

まずは洋服を開発するデザイナー、パタンナーという職種があります。

その時代の流れを把握し、消費者のニーズに合った洋服を開発し売れる商品を作る事が求められてきます。

そして、洋服を制作する際に必要になる材料や生地の買い付けはバイヤーという職種が担当する事になります。

デザイナーやパタンナーがバイヤーの役割を担う時もあり、バイヤーの仕事も商品を開発する仕事になります。

海外に行って材料を買い付けしたり、選んだりします。

そして、開発された商品をどのような方法で売るのかをファッションコーディネーターが考えます。

デザイナーやパタンナーが開発した商品をどう売り込んでいくのかを企画を立て販促活動をしていきます。

ディスプレイを考えるのもファッションコーディネーターの役割になり、マーケティング、商品PR、ディスプレイなどの知識などが求められてきます。

販売スタッフはアパレル業界では花形的な職種

そして、店頭に並んだ商品を販売していくのが販売スタッフになります。

販売スタッフは商品を開発・制作する裏方さんの職種よりもアパレル業界では花形的な職種になります。

商品が売れるか売れないかは販売スタッフの力量にかかっています。

お客様とうまくコミュニケーションをとり、お客様が何を求めているのかをしっかり読み取りお客様に合った洋服を選ぶことが大切になってきます。

ですのでコーディネートに関する知識も必要になってきますし、他にも礼儀作法や言葉遣いといった接客マナーに関するスキルも身に付けなければいけません。

上記でご紹介してきたように、アパレル業界では販売スタッフ以外にも様々な職種の方が働いています。

商品が店頭に並ぶまでにも多くの方が商品の開発・制作に携わり、そして店頭に商品が並んでからも多くの方が携わって商品が売れていきます。